長岡市腰痛治療むちうち治療と膝関節痛治療といえばきむら接骨院

特集Ⅰ:むち打ち症むちうち

ご存じでない方が少なくないようですが,交通事故でのむち打ち症むちうち)は,自賠責保険等が適用されれば, 患者さんの自己負担料金は発生しません。
損害保険会社の担当の方にご連絡の後,当院にご予約のお電話を下さい。
ご予約,お問い合わせ:0258-28-1265 (タップで通話アプリ起動)

むち打ち症むちうち):Ⅰ

むち打ち症むちうち)は,交通事故での外傷の代表のように言われています。また,ラグビー等の コンタクトスポーツでも発生します。交通事故で発生したむち打ち症むちうち)は,治癒までに長期間を 要することが多い(むち打ち症かと思ったら,脳脊髄液漏出症や脳脊髄液減少症だったという 事例もあるようですが,これについては別の機会に書きます。)と言われる一方で,スポーツ外傷としての むち打ち症は,そのように言われることは,あまり多くないようです。

二つの機序から発生するむち打ち症むちうち)の差異について,考えてみたいと思います。

スポーツ外傷としてのむち打ちむちうちと交通事故でのむち打ちむちうちは,発症の メカニズムとしては同一です。損傷部位も同じです。
(※頸椎損傷とむちうちとを混同しないよう注意)

衝突時の物理的エネルギーの差が,そのまま症状(痛み)の強弱の差になって現れるかといえば, むち打ち症の場合,単純にそういうわけではないようです。 (もっともむちうちに限らず痛み自体,客観視できないものですが。)
さらには,痛みの強弱が,治癒までに要する期間の長短に関係するかといえば, これまたそういうものではないようです。

長引くむちうち,多様に症状の変化するタイプのむちうちでお困りの方には, 下記のような傾向が見られます。

・医科での検査では,頚椎に特筆すべき異常は見られない。

・発症当初よりは痛みが少なくなっているが,しつこい痛みがある。等々。

あくまでもむちうちについて,です。脊髄や硬膜等にも異常がない前提です。
何か似たような疾患に思い当たりませんか?
非特異的腰痛と似た点が見受けられるように思います。
非特異的腰痛は,心理・社会的疼痛症候群の一つです。

では,むちうち治療をどうするのか?

きむら接骨院では,その答えと治療法を用意して, あなたのご来院をお待ちしています。

↑ PAGE TOP

 

むちうち:Ⅱ

  
腰痛治療先進国では,腰痛と同様にむちうち治療も「先進国」です。   
という話は後々述べることとして,まずは重症度分類です。
数字が大きいほど重傷例ということになります。
  
グレードⅢ~Ⅳ:脊椎(頸椎)の脱臼あるいは骨折(X線で視認可),
        腱反射消失あるいは減弱
グレード0~Ⅱ:筋スパズム(攣縮),筋肉のほか軟部組織の微細な損傷
        MRIで視認不可多く,X線では映らない。
  
前項では心理社会的因子の関与を示唆しました。
実は,心理社会的因子の重大な関与について科学的根拠が指摘されています。
  
だからといって,むちうちがみなさんの言葉で言う「精神的なもの」かと いえば,そんなことは言えないと思います。
私にも経験がありますが,むちうちは実際に痛いです。
  
では,むちうちの患者さんに,第一に必要なものはなんでしょう?
  
私は,ご自身の状態を正しく理解していただくことだと思います。
  
グレードⅣでは,場合によっては内固定や直達牽引が必要な状態。
グレードⅢでは状態が良くても外固定(頸椎カラー等)が施されることが
多いようです。
  
では,幸いにして「大難を小難でしのいだ」であろうグレード0~Ⅱの 方々,大多数のいわゆる「むちうち」に該当する,これをお読みの みなさんはどうか?

痛いのは痛いのでしょうが,決して重篤な状態ではないのです。 強大な物理的エネルギーが加わった状態なら,グレードⅢ~Ⅳのはずです。   
ご同業のほかの先生方には,むちうち症に関して,さも「強大なエネルギー (自動車同士の衝突エネルギーそのもの)が搭乗者の頸部に加わる」等の表現を する方がおられます。そんなワケがあるはずがないのは,物理学の基本が 理解できている方なら,ちょっと考えればわかりますね?
  
むちうちに対する物理的メカニズムの無理解によって患者さんに誤解を与え, 恐怖や不快を刷り込み,損保会社に対しては「重症なのだから,通院回数は多くなり, 長期化するのだ」とアピールしている可能性が否定できません。
  
では,むちうちは放置しておけば良いのか?
  
むちうち症や急性腰痛等の傷害の確認できない急性の「痛み」に関しては, 有効な治療を早期に施すべきですが,「有効な治療法」というのは, みなさんが考えるほどには多くはないのが本当のところです。
  
当院以外の整骨院接骨院では,むちうち患者さんに頸椎カラーを 処方するところが少なくありませんが,当院では滅多にこれを処方しません。
  
その理由は,急性腰痛患者さんに,当院がサポートベルトや コルセットを処方しないのと同じです。
  
固定材として治療費に計上する価値がないどころか, 患者さんの治癒が遅れる可能性が否定できないからです。
  
患者さんに,「頸部が壊れた,頸部は壊れやすい」という印象を 与えるのと,「痛みはあるけれど大丈夫なんだ」と理解していただくことと, どちらのほうが回復が早いでしょう?
  
きむら接骨院には,有効な治療法があります。
個人差はありますが,早期に回復して,日常生活や仕事に復帰することが可能です。
  
クチコミサイトの当院ページに,むちうち症
受診された患者さんからの投稿がありますので,どうぞ ご参考になさって下さい。

むちうち:Ⅲ

Ⅱの記事を裏付けるエビデンスをご紹介します。
  
■【頚椎カラー】頚椎カラーの有効性はRCT(比較対照試験)で証明されていないため、グレード1の患者に頚椎カラーを処方してはならない。 たとえグレード2や3の患者に処方したとしても、回復が遅れるので72時間(3日間)を越えてはならない。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【安静】安静の有効性はRCTで証明されていないため、グレード1の患者に安静を処方してはならない。 回復が遅れるのでグレード2や3の患者に4日以上の安静を処方してはならない。むしろ普段通りの生活を送るよう勇気づけること。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【頚椎枕】頚椎枕(サービカルピロー)の有効性はRCTで証明されていないため、 WAD(むちうち関連障害:whiplash-associated disorders)に頚椎枕を処方してはならない。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【マニピュレーション】長期間にわたる治療は正当化されないが、短期間ならWAD(むちうち関連障害)の治療に 脊椎マニピュレーションを用いることができる。ただしこのテクニックを行なうのは有資格者に制限すべきである。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【モビリゼーション】限られたエビデンスからモビリゼーション(瞬間的に外力を加えることなく可動制限がある関節の可動域を無理なく徐々に広げて行く他動的ストレッチ)は WAD(むちうち関連障害)の治療として用いることができる。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【運動】限られたエビデンスからROM(関節可動域)運動はただちに実行されるべきである。痛みが激しい時は休み休み行なう必要があり、 症状の悪化がみられた場合は臨床的判断が重要である。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【姿勢のアドバイス】限られたエビデンスからWAD(むちうち関連障害)における姿勢に関するアドバイスは他の活動的な治療法の併用療法として処方することができる。 ただし具体的にどのようなアドバイスが有効かについては不明。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【スプレー&ストレッチ】トリガーポイント療法で行なわれるスプレー&ストレッチ、すなわちコールドスプレーによって瞬間冷却した後に筋肉をストレッチする方法は、 WAD(むちうち関連障害)の治療に勧められない。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【牽引】限られたエビデンスからWAD(むちうち関連障害)における頚椎牽引は他の可動域をを広げる治療法の併用療法として用いることができる。 急性期(受傷後4日以内)なら一時的に症状を改善する可能性がある。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
■【物理療法】1)グレード1に対するプラシーボ対照試験でPEMT(パルス磁気療法)の有効性が認められたものの、3ヶ月にわたって1日8時間の ソフトカラーを装着させた研究だったことからWADの治療として勧められない。
http://1.usa.gov/LYNegq
  
当院でのむちうち症治療の方針・概念・方法いずれについても,裏付けとなるものです。   
 

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system